GDC2017を終えたVR/ARについてのまとめ

4 Mar

今年もGDCが終わりました。ゲーム好きの僕としては1年で最もエキサイティングで最も忙しい週でしたが、GDCを終えたのでVR/ARについて感想を書こうと思います。 1:VRの発表やカンファレンス自体はややトーンダウン 昨年がVR元年だったので、そこからのギャップがかなり大きく感じました。Oculusや PS VRが出展しているものの、全体的なVR熱は一旦落ち着いたのかなという印象で、これは現場で色々な人の意見を聞いたところも似たような印象でした。 2:SnapdragonのInside-out-trackingは本当にすごい その中でも体験した中で一番すごいと感じたのはSnap DragonのInside-out-trackingです。下の動画ではわかりにくいですが、実際はかなり自由にフリーローミングが行えて、今後はこれが主流になるなと確信できる出来でした。また、リープモーションとの組み合わせもよく、ハンズフリーで自由に動き回れるのは未来を感じました。 これはすごい!動画はわかりにくいですが、スナップドラゴンとリープモーションの組み合わせで完全なインサイドアウトトラッキングを実現。ベースステーションなしで歩ける #gdc17j pic.twitter.com/borEwrJUrZ — Yasushi (@Yasushi_1985) March 2, 2017 3:LGがOpen VRに規格に沿った完璧なVR Head Setを展示 これは予約が取れなくて体験できなかったのですが、LGがすごいとの噂で持ちきりでした。Moguraさんが詳しくレポートを書いているのでこちらを見るとわかりやすいと思います。これはSteam, HTC陣営にとっては大きな前進と言えそうです。デベロッパーからするとクロスプラットフォームの対応コストがかかるところが、 SteamのOpen VRの構想に乗ったHMDがこれからどんどん出てくれば、必然とOpen VRに沿ってデベロッパーが開発し、それに対応しているプラットフォームに配信という流れになると思います。 4:Google Daydreamが本気を出してきた 今年のGDCは何と言っても、Google Daydreamの意気込みが見れたかなと思います。BoothもGoogleではなく、Daydreamの看板でデベロッパー集めを積極的に行なっている印象です。また、GoogleのDRチームの営業も活発化しているらしく、今回会った多くのスタートアップがDaydream向けの開発を行なってました。 VR的にはDaydremが印象的かなー #gdc17j pic.twitter.com/5lwD8gbJ3C — Yasushi (@Yasushi_1985) March 2, 2017 Daydreamが本格的にデベロッパー探し開始 … Read More »